かずえもんの日常

webのことから、日常生活のあれこれ・・・いろいろな視点から日々ブログ更新中

SNSについて、何も知らないなりにまとめてみた。

f:id:kzuuuuu:20160524231518j:image
SNSサービスにはそれぞれ特徴がありますが、それぞれどんな特徴があるのでしょうか?特にユーザーの多いものからピックアップして、Webディレクター目線からどんな感じかまとめてみたいと思います。

facebook

世界中でのユーザー数もかなり多いSNSですね。実際にfacebookを使ってるユーザーって会ったことのある友人とのコミュニケーションや、仕事でのコミュニケーションが多いのではないでしょうか。自身の氏名を登録して更新していくツールなので、なりすますことも結構難しいと思います。
またユーザー層としては、男女関係なく、年齢層も他のSNSに比べ、比較的多い印象があります。
facebook広告という、Web広告の手法がありますが、それはターゲットを的確に絞ることができるようなので、そういったユーザーをサイトに流入するときには便利かもしれませんね。ただ、中小企業での広告より大手企業のブランディングに向いているような気もしますね。

Twitter

若年層で人気があるSNSのイメージ。簡単につぶやけるSNSツールで、様々な年齢層のユーザーに利用されてますね。特に趣味のにているユーザーや、思考の同じようなユーザー同士でコミュニケーションするツールという印象があります。
個人的には1番好きなツールです。
簡単につぶやけるし、調べるのもリアルタイムで調べられるし、生活の一部として利用させてもらってます。

Instagram

若年層、特に女性に人気がある印象ですね。
Instagramにも広告が出てきましたね。主としては女性をターゲットにしたサービスですと、良い効果があるのではないでしょうか?InstagramでBTOBビジネスの広告を出すことはまずありません。
今後どうなっていくのか、まだまだわからないですが、今後も同じようなターゲットを狙ってサービス展開していくのでしょうね。

LINE

スマホを持っているユーザーなら、ほぼ全てと言っても良いくらいの割合で使っているツールです。メールからLINEでのやり取りに変化していきましたね。スマホが普及した頃はLINE以外にも同じようなアプリがありましたが、気がついたらほとんどLINEばかりになりましたね。LINEは記事を投稿したりするよりも、連絡用として使っているユーザーが大多数ですね。大企業になると、友達登録するとスタンププレゼントして、情報発信したりすることも、多々ありますね。
近年、LINE広告も出てきた模様ですが、そこまで普及しないのでは!?と思っています。

まとめ

ツールによって使い方やサービスのターゲットが違うので、Webサービスを展開していく上ではそういったところを知った上で使用する必要がありますね。


ブログにまとめるのは、まだまだ全然ダメダメですが、これからも日々更新して、少しずつでも、文章力やコンテンツマーケティング知識を増やしていきたいと思います!